前へ
次へ

銀行融資をスムーズに受けるためにも不動産登記

人生の中で銀行から大きなお金を借りる機会が訪れることもありますが、不動産登記を済ませておかないと銀行から、不動産を担保にして融資を受けることはできません。
抵当権などを金融機関が、登記名義人を正式に変更していないと、担保権を付けることができず、不動産担保での融資ができないため、ローンなどの融資を検討しているなら早めに登記を済ませることです。
自然災害などあらゆる不測の事態が起こらないとも限りませんが、突然のトラブルが発生をした際にも、不動産登記を済ませておかないと、不動産賠償が順調にできないこともあります。
いつ災害が発生するかわかりませんので、自分の不動産という大切な財産を守るためにも登記をしておくことです。
新築で家を手に入れたり土地を購入しても、喜びに浮かれているばかりで登記を後回しにすることはあります。
その万忘れてしまうこともありますが、登記をしないデメリットも常に隣り合わせです。
安心して自分の土地であることを主張できるように、守るためにも早めの登記を済ませておきます。

Page Top