前へ
次へ

不動産登記の事なら、司法書士にお任せ

近年不動産登記を、自分で行う人が急増しています。
これまでは登記の専門家でもある、司法書士に一任するのが当たり前でした。
ところが不動産登記を自分自身で行うサイトが登場し、専門家へ依頼せずともそれを行える時代になったのです。
法律上は、自分で行うのが原則でもあります。
ところがケースバイケースにはなるものの、複数の添付書類を用意しなくてはなりませんので、時間や労力が掛かってしまうのが実情です。
申請しても所有権を移転する事が出来なかったり、登記識別情報そのものが未使用の状態にある事さえ、確認出来ないかもしれません。
万が一登記に関する事故が起きた場合、自分自身で責任を負う必要があります。
あらゆるリスクを軽減させる為にも、不動産登記の専門家に依頼したほうが得策です。
様々な手続きを本人に成り代わり、迅速且つ丁寧に行って下さいますので手間が掛かりません。
個々人の状況に応じた解決策を提案して貰えますから、トラブルや争いを未然に防ぐ事が出来ます。

Page Top