前へ
次へ

不動産登記の手続きが重要な訳

不動産登記というと余り馴染みのない言葉のように感じますが、土地建物などの不動産の購入や売却や譲渡や相続などの、イベントがあった際には必須となる手続きです。
また購入や相続などのイベント以外にも、登記簿に記載されている住所から引越し住所変更があった場合など、登記簿の記載内容に変更があった際には改めて不動産登記の手続きが必要となります。
不動産登記は、原則として当事者本人が行う事となっていますが、一般的には司法書士や土地家屋調査士などの専門家に依頼するパターンが、大部分と言うのが実情です。
不動産は財産ですから、固定資産税の算出や遺産相続など重要な事柄に関わる要素となり、どのような物件なのかや所在や名義などが明確になっている必要がある訳ですから、自ずと不動産登記の手続きは重要な事となります。
自分で手続きを行なう場合には費用はかかりませんが、書類の作成などの難易度は比較的高い為、専門家に依頼するか自分で行うかを検討した上で決める必要があります。

Page Top