前へ
次へ

不動産登記は基本的には自分でやること

不動産というのは持っているというより、住んでいるだけでもそれなりに主張できる権利があったりするのですが、それだけでは完全に自分に所有権があるということを認められるわけではないです。
そこでやらなければならないのがなんといっても基本的には不動産登記ということになります。
不動産登記をすることによってその不動産を持っているということを正式に主張することができる、ということになります。
これがまずは大きなことであります。
この不動産登記というのは法務局に行って行うということになるわけですがさすがにそんなに簡単にできるということではないです。
手間がかかると言っても過言ではありませんし、なかなか行政の書類というのは、厳しいことでしょう。
司法書士などにお願いするということによって、簡単に自分で特に難しいことをしないで不動産登記をしてもらうということは可能ですが当然ながらお金がかかってしまう行為になります。
そこだけは注意しておきましょう。

Page Top