前へ
次へ

不動産登記の乙区は、様々な権利が存在する

不動産登記には、その不動産を直接、所有する権利者が記載されている甲区と、それ以外の権利などを記載した乙区に分かれます。
乙区は、必ず記載しなければならない項目ではなく、例えば、借金が返せなかった場合、お金の代わりに土地で支払う抵当権などの権利を記載する項目です。
乙区に記載する場合は、必ず、甲区に所有する権利者の名前などの記入が必要になります。
不動産登記は、一般的な住居やオフィスなどの建物だけだとは限りません。
例えば、田んぼや畑なども不動産であり、他人の土地を借りて農作業を行う人もいます。
農作業を行う人からの権利として、永小作権と呼ばれる権利を不動産登記の乙区に設定できまして、所有者が勝手に田んぼや畑などの土地を違う目的に利用するのを防ぐ効力があります。
乙区には、採石権と呼ばれる権利も記載が可能であり、この権利が設定していれば、第三者に権利の主張として対抗ができます。
ただし、この採石権は、最高20年としての期間を設定しなければならず、期限付きの権利になります。

Page Top