前へ
次へ

自力で不動産登記の手続きを行うメリット

不動産登記は、専門家に任せるケースも多いです。
特にマイホームを買う時は、専門家に任せている方も少なくありません。
基本的には、司法書士に依頼する事になるでしょう。
しかし2回目以降は、あえて自力で手続きを進めてみるのも悪くありません。
確かに専門家に不動産登記の手続きを任せるのは、楽ではあります。
面倒な作業を代行してくれるメリットは大きいので、多くの方々はお金を支払って代行依頼しています。
しかし専門家に依頼するなら、もちろん費用がかかります。
1回につき数万円ぐらいになるケースが多いですが、状況によっては10万円以上のお金も必要です。
調査士に調査を行ってもらう場合、数十万円ぐらいかかる事もあります。

フローリング 張り替え

東京 リフォーム

不動産買取 大阪
お住い買取隊なら手持ちにある不動産や訳あり物件を売ることが可能です。

そして不動産登記の手続きを行うのは、1回限りになるとは限りません。
何回もあります。
例えば引っ越しをする時に登記の手続きを行うこともあれば、遺産相続もあります。
その手続きを実行する機械は、意外と多いです。
人によっては、5回ぐらい手続きを行っている事もあります。
もしも1回につき20万円ぐらいの依頼費用がかかるなら、合計金額は100万円になってしまうでしょう。
それも少々勿体ないという声も多いです。
ですから2回目以降は、あえて自分で登記の手続きを行っている方も少なくありません。
色々WEBで確認した上で、手続きを進める事も可能ではあります。
確かに手間はかかりますが、上述の依頼費用を節約できるメリットも大きいので、あえて自力にしてみるのも悪くないでしょう。
また自力で登記の手続きを行うのは、税金に関するメリットもあります。
そもそも士業の方々に手続きを依頼しますと、税金がかかってしまうケースも多いです。
しかも、それを節税する方法がありません。
ところが自力で手続きを踏んだ時には、わざわざその税金を支払う必要もありません。
つまり自分で手続きを進める方が、節税できる訳です。
達成感を満喫する事もできますし、試してみる価値はあります。

Page Top