前へ
次へ

不動産登記と司法書士と土地家屋調査士の関係

不動産登記制度は不動産と言う大切な財産の権利関係を一般に公示するものです。
登記するのは自分でするのが原則ですが、不動産の内容と権利関係を表示するには不動産登記や民法に関する知識が必要ですので、家屋を新築した場合には、土地家屋調査士と司法書士に依頼する場合がほとんどです。
まず、新築家屋の表示、調査や測量などをして申請するのが第一段階です。
これを依頼するのが土地家屋調査士です。
土地家屋調査士は、主に建物の所在や構造や床面積などを調べ新築家屋の登記を申請します。
これに基づいて、登記簿が作成され、権利関係の登記ができるようになります。
この登記簿に所有権や抵当権などの権利関係を登記します。
これを専門に請け負うのが司法書士です。
建物を新築し登記する場合、一般的に土地家屋調査士と司法書士に別々に依頼する必要はありません。
両者は業務提携している場合が多く一連の手続きを一括して行います。
新築以外の権利関係が発生した時は、すでに表示登記がされているわけですから、司法書士に依頼するだけで済むことになります。

Page Top